データベース

【原子力安全・保安院】2002年8月5日長期評価を巡るヒアリング

保安院が2002年8月5日に、東電の高尾誠氏を呼んで長期評価について聞いたヒアリング資料。
保安院の川原氏は、高尾氏に津波地震の津波を計算するよう要請したが、高尾氏は40分間抵抗した。

開示決定通知書等 あり
開示請求者 添田孝史
開示請求受付日 2018年1月19日
開示決定日 2018年3月20日
開示決定の番号 原規総発第1803202号
文書名(概略) 保安院と東電が2002年8月5日に開いたヒアリング資料。高尾氏の「40分抵抗」
文書作成年月日 2002年8月
文書作成者(組織名) 原子力規制委員会、原子力安全・保安院、東電
ページ数 72
メモ

開示決定原規総第1803202

乙ロ第34号証の1
陳述書
丙A第96号証
丙ハ第86号証

タグ
もっと表示

添田孝史

1990年朝日新聞社入社。大津支局、学研都市支局を経て、大阪本社科学部、東京本社科学部などで科学・医療分野を担当。原発と地震についての取材を続ける。2011年5月に退社しフリーに。国会事故調査委員会で協力調査員として津波分野の調査を担当。著書『原発と大津波 警告を葬った人々』(岩波新書)他。

関連記事

Close