データベース

【資源エネルギー庁】原子力損害賠償円滑化会議

経済産業省資源エネルギー庁

経済産業省と資源エネルギー庁が、東京電力と原子力損害賠償の基準等について協議していた会議「原子力損害賠償円滑化会議」の議事録と資料。

原発事故の賠償は、法的には、一般公開で行われる原子力損害賠償紛争審査会(文科省所管)で議論されることになっているが、避難指示区域の見直しが検討されていた2012年には、経産省、エネ庁が非公開の場で、東電と賠償基準を協議していた。

2012年7月に経産省は、原賠審に諮らず「避難指示区域の見直しに伴う賠償基準の考え方について」を示し、批判を浴びた。その後、原賠審はとくに異論を示さなかった。

2012年9月以降の議事録は不存在による不開示となっており、円滑化会議という名称では開催していない模様。

開示決定通知書等 一部あり
開示請求者 木野龍逸
開示請求受付日 2013年10月3日 ほか
開示決定日 2013年11月5日 ほか
開示決定の番号 20131003公開資第4号 ほか
文書名(概略) 原子力損害賠償円滑化会議の第1回会議の配付資料と第6回会議の議事録(ほか)
文書作成年月日 2012年12月〜2013年7月
文書作成者(組織名) 資源エネルギー庁
ファイル数 1
メモ

開示決定通知書(第1回議事録と第6回資料および不開示決定)

・第1回資料
・第2回議事録
・第2回資料と第1回議事録
・第3回議事録等
・第3回資料
・第4回議事録等
・第4回資料
・第5回議事録等
・第5回資料
・第6回議事録等
・第6回資料
・第6回参考資料(避難指示区域の見直しに伴う賠償基準の考え方/経済産業省/平成24年7月)

タグ
もっと表示

木野龍逸

編集プロダクション勤務、オーストラリア在住日本人向けフリーペーパー編集部などを経てフリーに。自動車、環境、エネルギーなどをテーマに取材。福島原子力発電所事故後、東京電力記者会見に精力的に出席し、『検証福島原発事故・記者会見 : 東電・政府は何を隠したのか』(岩波書店)等を出版。 https://www.flickr.com/photos/kinoryu/

関連記事

Close