データベース

【内閣官房】放射性物質汚染対策顧問会議

内閣官房に設置され、2011年8月25日と11月2日の2回、開催された「放射性物質汚染対策顧問会議」の関連資料。
2012年以降の避難指示区域の再編および避難指示解除基準の大元を形作った「低線量被ばくのリスク管理に関するワーキンググループ」の設置を決めた会議体。
「放射性物質汚染対策顧問会議」の資料の一部は内閣官房のHPで見ることができるが、第1回の資料は公開されていない。また、議事録は作成していないという理由で「不存在」だった。

開示決定通知書等 なし(探索中)
開示請求者 木野龍逸
開示請求受付日 2013年8月10日
開示決定日
開示決定の番号
文書名(概略) 「放射性物質汚染対策顧問会議」に係る議事録および配付資料
文書作成年月日 2011年8月25日〜2011年11月2日
文書作成者(組織名) 内閣官房
ページ数 全1ファイル
メモ 議事録は不存在

 

2011放射性物質汚染対策顧問会議_公開用
「放射性物質汚染対策顧問会議」に係る配付資料

タグ
もっと表示

木野龍逸

編集プロダクション勤務、オーストラリア在住日本人向けフリーペーパー編集部などを経てフリーに。自動車、環境、エネルギーなどをテーマに取材。福島原子力発電所事故後、東京電力記者会見に精力的に出席し、『検証福島原発事故・記者会見 : 東電・政府は何を隠したのか』(岩波書店)等を出版。

関連記事

Close