データベース

【原子力安全・保安院】浜岡の津波クロスチェック

JNESが浜岡原発の耐震バックチェック結果をクロスチェックした結果や、その過程で保安院や中部電力とやりとりした電子メールなど。

いくつか興味深い記述がある。

1)文書番号192 クロスチェックの報告書(PDFのp.20)
「2.2 津波に対する安全性判断基準」は、ドライサイトにこだわっていない。
「想定津波による遡上高が敷地周辺の砂丘稜線高を超えないこと」
「想定津波による遡上高が砂丘稜線高を超える場合には、浸水領域を評価し、その領域内に重要機器がないこと、あるいは、浸水領域内の水位が重要機器の据付レベル(機能喪失レベル)を超えないこと」

を要求している。ドライサイトが保てず津波が敷地に浸水したとしても、重要機器に影響が無いことを確認しようとしている。国側は「事故前の規制はドライサイトが必須だった。浸水を前提とした対策は、発想さえなかった」と主張しているが、それはウソだということが裏付けられる。

2)東海・東南海・南海の時間差発生まで計算(文書番号192のp.36)。スマトラ沖の知見を反映したM9やハルマゲドン津波なども文献は検討している(文書番号149、150)。「土木学会手法さえやっておけばいいんだ」とは、まったく考えていないように見える。

開示決定通知書等 あり
開示請求者 添田孝史
開示請求受付日 2018年11月21日
開示決定日 2018年12月21日
開示決定の番号 原規規発第1812217
文書名(概略) 浜岡のクロスチェック
文書作成年月日 2007年〜2008年
文書作成者(組織名) 原子力安全・保安院、JNES、中部電力
ページ数 252ページ
メモ 原規規発第18042710号(平成30年4月27日付け)で開示決定された文書のうち、浜岡原発関連のもの。リストの番号126から192までの文書。ただし152を除く。152はこちらで掲載

開示決定原規規発第1812217」

開示文書
126浜岡原子力発電所第3,4号機耐震クロスチェック解析に用いるデータ貸与依頼
127浜岡クロスチェック 貸与依頼データリスト送ります
128浜岡クロスチェック期間に関する打ち合わせの件(連絡)
129【中部】津波ヒアリングについて
130【中部電力】次回ヒアリングについて
131【中部電力】ご依頼の資料について
1323.津波の数値シミュレーション 敷地における最大水位上昇量の分布
133Re:【依頼】津波安全評価ヒアリング
134浜岡クロスチェック 津波に関するデータ貸与依頼の件
135浜岡発電所第3,4号機 耐震クロスチェック解析のデータ貸与依頼項目及び質問事項
136Fw浜岡クロスチェック 津波に関するデータ貸与依頼の件
137浜岡クロスチェック 津波に関するデータ受領の件
138【中部電力】次回ヒアリングのお願いについて
139中部電力ヒア(10/5)
140東南海・南海における津波の時間差発生に関する文献
141東海・東南海・南海地震の発生特性による広域津波の変化
142東南海・南海における津波の時間差発生に関する文献

1439 時間差をもって地震が発生した場合の津波の検討
144【中部】合同WG資料の送付について
145Re【資料送付】合同WG次第案について
146【資料送付】超巨大津波に関する文献について
147東海から琉球地域までを震源とする超巨大地震の可能性
148中部BCヒアの予定
149Re【資料送付】超巨大津波に関する文献について
150東海から琉球にかけての超巨大地震の可能性
151中部BCヒアリングの予定
153浜岡津波クロス 追加検討結果の報告
154浜岡3,4号機のクロスチェック解析・津波 NISAへの回答

155Re【保安院】浜岡BC津波評価に係るご相談
156Re【保安院】浜岡BC津波評価に係るご相談

157【返信】Re【保安院】浜岡BC津波評価に係るご相談
158連絡事項
159Re【返信】Re【保安院】浜岡BC津波評価に係るご相談
160【資料送付】基礎方程式に関する参考文献ほかについて
161Re【返信】Re【保安院】浜岡BC津波評価に係るご相談
162【資料送付】取水槽付近のレベル、佐竹ほか(2007)について
163Re確認事項
164【ご連絡】浜岡3,4号取水槽容量ほかについて
165【ご連絡】■■先生へのコメント対応について

166取水槽応答手計算についてのデータ送付
167合同WGの資料及び津波時の取水路応答の簡易計算について
168【中部】次回ヒアリングについて
169【浜岡津波クロス】気仙沼湾ベンチマーク解析について
170Re砂移動解析のベンチマーク解析の結果報告について
171Re砂移動解析のベンチマーク解析の結果報告について
172Re砂移動クロスチェック 3者打ち合わせの候補日
173Re浜岡ベンチマーク解析について
174RE浜岡クロス報告の件
175REMorion式の文献の送付について
176JNESの採用している波圧評価式
177RE津波波力に対する取水塔の安全性(追加資料)の送付について
178「発電用原子炉施設に関する耐震設計審査指針」等の改訂に伴う浜岡原子力発電所3号機及び4号機の耐震安全性
179「発電用原子炉施設に関する耐震設計審査指針」等の改訂に伴う浜岡原子力発電所3号機及び4号機の耐震安全性
180「発電用原子炉施設に関する耐震設計審査指針」等の改訂に伴う浜岡原子力発電所3号機及び4号機の耐震安全性
181浜岡原子力発電所3号機、4号機耐震安全性評価クロスチェック解析に用いるデータの貸与期間延長の依頼
182浜岡原子力発電所3号機、4号機耐震安全性評価クロスチェック解析に用いるデータ貸与依頼
183浜岡原子力発電所3号機、4号機耐震安全性評価クロスチェック解析に用いる貸与データの詳細
184浜岡原子力発電所3号機、4号機耐震安全性評価クロスチェック解析に用いるデータ提出について
185浜岡原子力発電所3号機、4号機耐震安全性評価クロスチェック解析に用いるデータ提出について(第2回)
186浜岡原子力発電所3号機、4号機耐震安全性評価クロスチェック解析に用いるデータ提出について(第3回)
187浜岡原子力発電所3号機、4号機耐震安全性評価クロスチェック解析に用いるデータ提出について(第4回)
188浜岡原子力発電所3号機、4号機耐震安全性評価クロスチェック解析に用いるデータ提出について(第5回)
189浜岡原子力発電所3号機、4号機耐震安全性評価クロスチェック解析に用いるデータ提出について(第6回)

190浜岡原子力発電所3号機、4号機耐震安全性評価クロスチェック解析に用いるデータ提出について(第7回)
191浜岡原子力発電所3号機、4号機耐震安全性評価クロスチェック解析に用いるデータ提出について(第8回)
192「発電用原子炉施設に関する耐震設計審査指針」等の改訂に伴う浜岡原子力発電所3号機及び4号機の耐震安全性

タグ
もっと表示

添田孝史

1990年朝日新聞社入社。大津支局、学研都市支局を経て、大阪本社科学部、東京本社科学部などで科学・医療分野を担当。原発と地震についての取材を続ける。2011年5月に退社しフリーに。国会事故調査委員会で協力調査員として津波分野の調査を担当。著書『原発と大津波 警告を葬った人々』(岩波新書)他。

関連記事

Close