データベース

【茨城県】津波想定報告書(2007)

茨城県が2007年10月に発表した津波想定の報告書と、検討委員会の議事メモ、資料
茨城沿岸津波浸水想定検討委員会(委員長 三村信男・茨城大学教授)がまとめた。
副委員長は今村文彦・東北大学教授、委員に佐竹健治・産総研活断層研究センター副センター長(当時)も。

茨城県の発表資料(委員会の概要と開催状況)

開示決定通知書等 あり
開示請求者 添田孝史
開示請求受付日 2015年12月7日
開示決定日 2016年2月26日
開示決定の番号 指令第10号
文書名(概略) 茨城沿岸津波浸水想定区域図(2007年10月公表)に係る資料
文書作成年月日 2005年12月〜2007年3月
文書作成者(組織名) 茨城県
ページ数 62
メモ

開示決定

委員会規約

第1回検討委員会
会議次第
資料1:実施計画書_051223_波源案差し替え
資料3:波源設定案rev2_波源案差し替え
資料1(p.3)
資料2
資料1:P4
資料1:P11
資料1:実施計画書_051223
資料5:地形モデルの作成
資料3:波源設定案
資料4:津波シミュレーション手法
資料2-2:作業工程表

第2回検討委員会
第1回委員会の主な意見と対応
資料5_津波被害想定手法
資料4_河川遡上の予測手法
資料2_波源の断層パラメータ
資料1_波源の設定
委員会次第

第3回検討委員会
第2回委員会の主な意見と対応
資料5今後のスケジュール
資料4_津波被害想定手法
資料3_河川遡上の予測手法
資料2_地形モデル作成
資料1_延宝津波の断層パラメータ
委員会次第-1

第4回検討委員会
第3回委員会の主な意見と対応
資料_4 津波被害想定結果
資料_3 成果品
資料_2 浸水想定区域図案
会議次第-1
資料_1津波シミュレーション結果_最終版

業務報告書
報告書(本編)
巻末資料1_茨城沿岸津波浸水想定検討委員会議事録
巻末資料2_地形モデル
巻末資料3_津波シミュレーション
巻末資料4_ホームページ
巻末資料5_成果の利活用
巻末資料6_地区海岸ごとのシミュレーション結果の整理
巻末資料7-1中央防災会議資料「日本海溝・千島海溝周辺海溝型地震に関する専門調査会」
巻末資料7-2
巻末資料7-2_1
巻末資料7-2_2
巻末資料7-2_3
巻末資料7-2_4
巻末資料7-2_5
巻末資料7-2_6
巻末資料7-2_7
巻末資料8津波対策検討委員会資料「津波対策検討委員会提言」
巻末資料9-1_津波浸水想定区域図
巻末資料9-2_1全体図
巻末資料9-2_2市町村別図01-25
巻末資料9-2_3詳細地区別図01-25

 

 

 

タグ
もっと表示

添田孝史

1990年朝日新聞社入社。大津支局、学研都市支局を経て、大阪本社科学部、東京本社科学部などで科学・医療分野を担当。原発と地震についての取材を続ける。2011年5月に退社しフリーに。国会事故調査委員会で協力調査員として津波分野の調査を担当。著書『原発と大津波 警告を葬った人々』(岩波新書)他。

関連記事

Close